報告 | くわもとキャリア設計事務所-桑本玉枝      

個人のキャリア支援を組織の成長へとつなぐ

お問い合わせフォーム

            

【カテゴリ】 » 報告

ル・サンテリオン東郷のオンライン研修

今年度も引き続き、鳥取介護労働安定センターの「エルダー・メンター制度導入支援事業」のお手伝いをしています。1時間のキャリアコンサルティング面談を4名の役職者の方に体験してもらったり、1回2時間の研修を6回に分けて実施するなど、施設の要望に合わせた2時間×全8回のプログラムを組んでスタートしました。

 

ただ、やはり今年度は県内でコロナ発生の影響もあり、研修予定だった内容も、一部はオンラインでの個別のキャリアコンサルティング面談に変更し、集合研修も形を変えて実施することになりました。

写真は、今年度の支援先である湯梨浜町の『介護老人保健施設 ル・サンテリオン東郷』のオンライン研修の様子です

 

一方的に講師が話し、座学として受け身で受講してもらう方法ではなく、タブレットも併用して講師と現場の双方向のやり取りを多く組み込んだ研修です。

 

講師である私は、研修会場全体が見えるカメラ、タブレットで会場内の撮影をしてくださってグループワークの様子が分かるカメラ、2台のカメラ映像を確認することが出来ます。

また、事前にファシリテーター研修を受講済みの役職者の方々が、会場でグループワークのサポートもしてくださいました。

私にとっても初めての試みでうまくいくか不安もありましたが、タブレットカメラから送られる映像は、それはそれは活発に意見交換をされているグループワークの様子でした。自施設の接遇・マナー向上のためのチェック項目の一部について、共通認識を図るグループワークを行ったのですが、楽しく、かつ真摯に向き合い、笑顔で意見交換される様子に、職員の方々の明るくほがらかな人柄を感じました。

 

講師が会場にいなくても、グループワーク中心の研修がうまくいくということは、現場ファシリテーターをしてくださった管理職の方々と職員さんたちのコミュニケーションが日頃よりうまくいっている結果だといえます。

 

自施設のルールやマナーについて、自然に意見交換することができる職場の雰囲気は、新しく入ってくる新人さんにとっても、既存の職員さんにとっても、働きやすい職場だと思います。

青谷福祉会なりすなで一般職・パートさん対象の研修を行いました

今年度も継続して支援させていただいている、青谷福祉会なりすなさんの
一般職・パートさん対象の研修の様子です。

今回は『自分たちでつくる、働きやすい職場』というテーマで、

1.“人生の最期にどうありたいかシート”をつかった、自己理解と他者理解のワーク

2.アンガーマネジメントの“べき”のワークで、チームビルディングについて体験学習

3.“人手不足解消のために私たちに出来ること”をテーマに、
      桑本ファシリテーターで全体会議

という内容で、体験学習しました。

 

一般職・パートさんたちが集まる年に1度の研修とはいえ、みんなが集まりやすい時間に設定されたスタート時刻は17時30分。業務時間外であり、業務後のお疲れのタイミングなことや、ふだんなら急いで帰宅して家のことをしたりといった時間ですが、5分前には全員きちっと集まって、他部署の人たちとも声を掛け合うなど活気にあふれています。

さらに施設長の労いの言葉と研修の目的説明のあいさつで、ぴりりとしまったスタートをきることができました。

 

当然、研修中のワークは盛り上がります。

同じ職場の仲間たちがお互いを理解し合う時間を『研修』という形でもち、翌日から声を掛け合いまた現場で活かしていく、社内で行う研修はそこが一番効果が高いところです。

 

福祉現場はどこも人手不足であり、また業務時間外の研修は負担も少なくないと思いますが、それでも協力し合って、学ぶ時間を大切にする経営者とその職員さん。

未来の自分たちのため、また、まだ見ぬ未来の共に働く仲間たちのため、と言えます。

こういった職場が、“いきいきと働ける職場“を自分たちで作っていける職場なのだと思います。

社会福祉法人青谷福祉会  http://www.tottori-aofuku.jp/

青谷福祉会なりすなでリーダー研修してきました

今年度も継続して支援させていただいている、「青谷福祉会なりすな」さんのリーダー・主任級研修の様子です。

今回は『リーダーに必要なコミュニケーションスキル』という題名で、

 

・コーチング流コミュニケーションタイプ分けと相手に合わせた対応

・アサーショントレーニング

・ファシリテーションスキル

 

について学びました。

なりすなさんでは、継続して研修を実施しているので、どのコミュニケーションスキルも

一度は研修ですでに学び、日々実践にはげんでおられるリーダーさんたちです。

 

とはいえ

『あー、前に習った気がするけど、現場はバタバタしているからつい忘れちゃうんですよねー』

そうですそうです。

研修で一度見聞きしたくらいで出来るようになるのだったら苦労はしません(笑)

こうしてリーダーさんたちが真剣にコミュニケーションのスキルをあげようとするのは、

よりよい職場づくりのためなんですよね。

 

定期的に研修という場で、同じ職場の仲間たちと思い出す時間をもち、声を掛け合いまた現場で活かしていく、社内で行う研修はそこが一番特徴的なところだと思います。

 

福祉現場はどこも人手不足なのに、これだけの人数が現場から離れるための業務の調整は、本当に大変だと思います。

それでも協力し合って、学ぶ時間を大切にする経営者とその職員さん。

未来の自分たちのため、また、まだ見ぬ共に働く未来の仲間たちのため、と言えます。

 

ファシリテーションスキルについては、桑本がファシリテーターを見本としてやってみながら

『人手不足の解消法について』の会議を体験的に学習しました。

短時間にさまざまな意見が飛び交いました。一番多かったのが“業務改善”に関すること。

出してる求人に応募してくれる人が増えるのが一番いいですが、それは受け身ですよね。

いま、自分たちに出来ることとして、少ない人数でも効率よく質の高いしごとをするための工夫の案がたくさんでてきました。リーダーさんたちの底力を感じますね!

 

『今日、桑本が行った司会進行を、今度はみなさんが自分の部署で実践する番ですよ!』

 

きっといきいきと働ける職場に、また一歩近づくと思います。

 

社会福祉法人青谷福祉会 http://www.tottori-aofuku.jp/

建設会社ミテックのセルフ・キャリアドック

2016年に、当時の厚生労働省の委託事業、キャリア診断サービスを実施させてもらったのをきっかけに、株式会社ミテックさんとのお付き合いが続いています。

ミテックHP:ミテックの人材育成の紹介

社員約50名の建設会社として規模は県内で中堅どころの企業ですが、人材育成の取り組みとそこに向かう管理職の方々の姿勢はトップクラスだと思います。

もともと人材育成への取り組みは、費用対効果が見えづらくなかなかそこに時間とお金を投入する決断は難しいものです。中小企業にとってはなおさらだと思います。

ミテックさんでは、自社の人的課題を誠実に受け止めた上で、優先課題の中でも手のうち易いところからやっていこうと「メンター制度」という新人を育てるしくみの活用を始めました。

先輩社員がペアを組んで新人と関わっていくことで、はじめて社会で働く経験をする新人の心理的サポートを行います。その先輩社員(メンターさん)もその役割をとおして、他者の価値観を理解できるようになったり、育成的な関わり方を工夫することができるようになるなど、多くの学びと成長が得られます。

さらに今年度はシニア層の面談も強化されています。豊富な知識・経験もありまた役職経験もある人が定年・再雇用という節目に向けて、自分がどう在りたいか?会社から求められる在り方はどうなのか?を立ち止まって考えることは、本人さんにとっても会社にとっても有効なことです。

ところで、個人的な話になりますが、私は道をつくったり配管をとおしたりというカタチに残る仕事をする人たちが好きです。とくに、面談で語られるおもてにでてこない苦労話(関連業者さんへの気遣いと進捗管理、利益を残しつつ納得のいく工事をする、無理をお願いするときの下請けさんとの信頼関係)など、大きな仕事をするための内側の大きな心理的葛藤の話には、いつも感動してしまうのです。

2020年新入職員研修実施しました

鳥取県倉吉市に本部のある、「社会医療法人仁厚会」および「社会福祉法人敬仁会」の2020年度新入職員研修を実施しました。看護師、介護士、作業・理学療法士、保育士など、専門職として採用になった総勢25名の新人さんです。

 

私がこちらの法人で新入職員研修を担当させていただくのは5年目になります。朝9時半から18時半までの8時間研修です。よく研修の依頼をいただく際に「2~3時間で出来るだけ多くの内容を」というご要望が多い中、たっぷり8時間つかって、社会人1年生の“これから”に関わることができるのは、キャリアコンサルタントとしてとてもやりがいを感じます。

研修の内容は、社会人と学生の違い、報告・連絡・相談、コミュニケーションスキル(聞き方・伝え方)などビジネスの基本について、座学だけでなくグループワークの時間をしっかりとります。それによりワカルだけでなくデキルにつなげていきます。またキャリアデザインやセルフコーチングなども、体験学習だけでなくグループ内で共有する時間をもちます。それにより他者の価値観を知り、多様な価値観をもつ人たちが集まっているのが職場なのだということを感じてもらい、認め合うことの大切さを知ってもらいます。

 

一日見ていると、リーダーシップのとれる人、聞き上手な人、場の雰囲気をつくるのが上手な人など、それぞれの特徴が見えてきます。こちらの法人の新人さんは、例年すなおに学び、真摯に実践していこうという人が多くいつも感心します。今回の新人さんもすばらしく、研修の終盤には与えられた課題に対してグループ内で自然に役割分担ができるなど、お互いの強みや課題、価値観などを理解し認め合っている様子が見受けられました。

アンケートには「たくさんのグループワークで、同期として横のつながりができました。お互いを支え合っていけそうです。」と表現されていました。

 

この一日研修は、社会への第一歩である最初の勤務先として選んでくれた新人さんを、地元企業として責任をもって大切に育てていこうという法人の姿勢だと思います。私も研修講師としてビジネスマナーを教えるというだけでなく、キャリアコンサルタントとして「ようこそ社会人!あなたは職業人生をどうつくっていきたい?」を問いかけます。

毎年、私も全力投球です。