お役立ち情報 | くわもとキャリア設計事務所-桑本玉枝      

個人のキャリア支援を組織の成長へとつなぐ

お問い合わせフォーム

            

お知らせ・情報

【カテゴリ】 » お役立ち情報

4つのタイプ、あなたは何タイプ?④~アナライザー編~

今回も前回に引き続き、コーチングのためのタイプ分けのしくみについてです。

人をもっとも特徴づけるのは、他者とのコミュニケーションの取り方である、という前提にたち、コミュニケーション・スタイルによって分類したものをご紹介します。
『自己主張』と『感情表出』という二つの軸をもとに、人には4つのタイプ別の因子があり、その特徴からそれぞれ次のように名づけられました。

1.コントローラー
2.プロモーター
3.サポーター
4.アナライザー

あなたはどのタイプでしょうか?
あなたがうまくやりたい相手は、どのタイプでしょうか?

自分のタイプを知って特徴を自己理解し、相手のタイプに合わせた関わりができると
ストレスをためにくくなります。

今回は4.「アナライザータイプ」についてご紹介します。

自己主張は低く、感情表現も低い。

□ 感情表現も主張も控えめ

□ 理路整然としている

□ 慎重で失敗を恐れる

□ データや事実を重んじる

□ 時間に厳格

□ 自分のペースを守る

□ 行動は慎重

□ 物事に取り組む時、データを集め分析する

□ 計画を立てるのが好き

□ 客観的、冷静

□ 対人関係ではガンコ、まじめと言われる

□ 他人を批判することは好まない

□ 孤立してもあまり気にならない

□ 系統だったことや規則を好む

 

【特徴】

正確さを大切に、調べてからお返事します!というタイプ。あいまいなことしか分からないなら発言したくない。新しいアイデアを出したり場を盛り上げることは苦手だが、計画を立てることは得意。行動は慎重で、たてた計画は実行する前にとことん検討するため、仕事への取り掛かりが遅いことも。自分の意見を伝える際は、出来るだけ正しい答えを出したがる傾向があるので、総じて意見は少なめ。言う時も若干斜に構え、ぼそっと言う傾向も。

 

【相手がアナリティカルタイプだった場合の効果的な対応】

意見を求めるときは、考える時間をきちんと与えることが大事。会議で意見を聞きたければ、前日までに質問を伝えておくと、当日までにしっかり準備して参加します。またこのタイプは何を聴かれているのか、どんな意見を求められているのか、その理由はといった点が理解できないと、意見を言いたがりません。一度話し出したら途中で話をとめず、最後まできちんと聴きとってあげましょう。正確さを大切にしているので、ギリギリ仕事やとりあえずのやっつけ仕事は基本的に苦手です。言われたことも言ったこともけっこう覚えているので、いい加減な対応を嫌う傾向があります。情報整理や管理が得意なので、意見を尊重しつつ任せると、やる気を出してくれます。

 

【相手がアナリティカルタイプだった場合の効果的な質問例】

「このプロジェクトは現状こういう状態ですが、~な状態にするために、いい方法を考えてもらえませんか?」

「来週の会議で~について聞かせてください」

「今月の営業目標に対して今はどんな状況ですか?」

「~についてどう思いますか?こんど、時間をとるのでお話を聴かせてください」

 

タイプ分けを意識することによって、自分とは違う価値観や感じ方、行動のしかたがあることを深く知ることができます。それが、職場で人と関わる際に気持ち的な余裕につながるのです。自分を知り、相手をよく見て聴いて理解し、新しい関係を築いてください。また自分にはない、周りの人の能力を知り、お互いを尊重して活かしあうことに使ってください。

4つのタイプ、あなたは何タイプ?③~サポーター編~

今回も前回に引き続き、コーチングのためのタイプ分けのしくみについてです。

 

人をもっとも特徴づけるのは、他者とのコミュニケーションの取り方である、という前提にたち、コミュニケーション・スタイルによって分類したものをご紹介します。

『自己主張』と『感情表出』という二つの軸をもとに、人には4つのタイプ別の因子があり、その特徴からそれぞれ次のように名づけられました。

 

1.コントローラー

2.プロモーター

3.サポーター

4.アナライザー

 

あなたはどのタイプでしょうか?

あなたがうまくやりたい相手は、どのタイプでしょうか?

 

自分のタイプを知って特徴を自己理解し、相手のタイプに合わせた関わりができると

ストレスをためにくくなります。

 

今回は3.「サポータータイプ」についてご紹介します。

自己主張は低く、感情表現は高い。

□ いつもニコニコ、温和

□ 周囲に気を配る

□ 結果より周囲との関係重視

□ 人と競争するのが嫌い

□ 聞き上手

□ 面倒見がいい

□ 人を援助することを好む

□ 職場では協調性が高く、意欲もある

□ 決断には時間がかかる

□ 感情に基づいて判断する

□ 他者の気持ちに敏感

□ ノーと言えない

□ 常に関心をもたれたい

□ (無意識に)相手からの感謝や愛情を求めている

 

【特徴】

平和が一番。頼られたら嫌といえず、縁の下の力もち。ボランティア精神旺盛で、基本的に表情は優しくいつも穏やか。癒し系だと言われることも多い。いつもニコニコ、自分が困っていても言えないし、頼まれごとは断れず、仲がいいのが一番心地いい!

自分の意見をとおすよりもみんなの意見を尊重するので、リーダーとしての仕事は苦手。

 

【相手がサポータータイプだった場合の効果的な対応】

このタイプは周囲からどう見られているか、自分はここに必要か、ということを常に気にする傾向があります。いてくれて助かった、ありがとうという感謝の気持ちを言葉にして伝えましょう。ストレートな会話は苦手なので、プレッシャーのかかった状態で意見を求められると、自分の意見ではなく周囲から期待されているようなことを口にします。

仕事を丸ごと任され放置されると不安を感じがちなので、定期的に声をかけ相談にのりねぎらいの言葉をかけましょう。このタイプは一見すると頼りないという印象ですが、気配り・目配りが得意なタイプなので、そういった点を認めた上で(もちろん)その気持ちを言葉と態度で伝えつつ、そっと手助けを行いましょう。

 

【相手がサポータータイプだった場合の効果的な質問例】

「いつも助かります。この件について本音を聴きたいのですが、

ちょっといいですか?」

「この間はありがとうございます。今回も助けてほしいんですが、

率直な意見を聞かせてもらえますか?」

 

こういった分類分けは、正しい正しくないを問うものではなく、

自分のタイプを知って特徴を自己理解し、その上で相手のタイプに合わせた関わりができると、私たちはストレスをためにくくなる、そんな風につかうものだと思います。

上司や部下、顧客や取引先の方とのコミュニケーションに役立ててみてください!

 

次回は、アナライザータイプをご紹介します。

新入社員の〇割が、10年以内に退職予定?!

今回は、気になる調査結果を見つけたので、ご紹介します。

「マイナビ」という就職情報サイトで、コロナ渦で入社した新入社員に対する調査がありました。

 

『2020年新入社員の意識調査』

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001273.000002955.html

 

会社のコロナ対応への満足度やテレワーク利用者の人間関係の希薄さからくる不安、などが中心ですが、上記調査結果の最後【図5】は興味深いです。

 

私の契約先企業は、現場作業が中心のためコミュニケーションがとりづらい職種、業態です。

そのため、メンター制度やキャリアコンサルティング制度を導入して、定着を図っています。図5にある、話しかけたり面談を行う側の上司や先輩は、自分たちの入社時はそんな風に育ててもらった経験がないので、キャリアコンサルタントがお手伝いをしながら、“しくみ”として、接点をつくっていきます。

 

育成する側の方々は、最初は話しかけて接点をつくっていきますが、ほかにも新入社員の特性に合わせた関わり方だったり、信頼関係を築いていける聴き方だったり、成長を促すような関わり方だったり、育成していく側もともに成長していくことが求められます。

自分の担当業務をこなしつつの育成なので大変ですが、ご自身の成長にもつながります。

子育てすることで親も育っていく、などと言いますが、社員の育成も同じかもしれません。

 

そうして育てられた(10年以内には半数が退職予定だった)かつての新入社員さんが、なんと10年後には育成側にたっている、それが理想的ですね。

 

今は大変かもしれませんが、理想的な10年後をイメージして手をうっていく経営は、健康的です。

お手伝いしますので、一緒に頑張っていきましょう。

4つのタイプ、あなたは何タイプ?②~プロモーター編~

今回も前回に引き続き、コーチングのためのタイプ分けのしくみについてです。

 

人をもっとも特徴づけるのは、他者とのコミュニケーションの取り方である、という前提にたち、コミュニケーション・スタイルによって分類したものをご紹介します。

『自己主張』と『感情表出』という二つの軸をもとに、人には4つのタイプ別の因子があり、その特徴からそれぞれ次のように名づけられました。

 

1.コントローラー

2.プロモーター

3.サポーター

4.アナライザー

 

あなたはどのタイプでしょうか?

あなたがうまくやりたい相手は、どのタイプでしょうか?

 

自分のタイプを知って特徴を自己理解し、相手のタイプに合わせた関わりができるとストレスをためにくくなります。

 

今回は、2.「プロモータータイプ」についてご紹介します。

自己主張は高く、感情表現は高い。

□ 人と話すのが大好き

□ 喜怒哀楽を表に出す

□ オープンな性格

□ 前向きでエネルギッシュ

□ 明るくて楽観的

□ 人を巻き込むのが得意

□ アイデアが豊富で想像力もある

□ 人と活気のあることをするのが好き

□ 細かいことはあまり気にとめない

□ 飽きっぽい

□ ときにうぬぼれ屋、お調子者

□ よく話して、あまり人の話を聞かない

□ 新しい仕事を始めるのは得意だが、プロジェクトが進んでからの定期点検は苦手

□ 仕切りたがり屋

 

【特徴】

みんなを盛り上げ、楽しいことが大好きなムードメーカです。お調子者で人気者。

飽きっぽく忘れっぽいのがたまにキズ。褒められることとアイデアを出すことが大好き。

 

【相手がプロモータータイプだった場合の効果的な対応】

とにかく会話を楽しむこと、これにつきます。プロジェクトや仕事を任されることは大好きだけど、細かなやり方を指示され、その通りにやるような仕事はあまり力を発揮しません。聞いた話をよく忘れる、安請け合いをする傾向があるので、リスクマネジメントはきちんとしてげましょう。しかも罪悪感もあまり感じません。確実にやってほしい仕事についてはしっかりチェックし、場合によっては叱ることも効果的です。

 

【相手がプロモータータイプだった場合の効果的な質問例】

「どう思いますか?」

「何か意見はありませんか?」

「どうしたいですか?」

 

こういった分類分けは、正しい正しくないを問うものではなく、

自分のタイプを知って特徴を自己理解し、その上で相手のタイプに合わせた関わりができると、私たちはストレスをためにくくなる、そんな風につかうものだと思います。

上司や部下、顧客や取引先の方とのコミュニケーションに役立ててみてください!

 

次回は、サポータータイプをご紹介します。

4つのタイプ、あなたは何タイプ?①~コントローラー編~

今回は、コーチングのためのタイプ分けのしくみについてです。

 

人をもっとも特徴づけるのは、他者とのコミュニケーションの取り方である、という前提にたち、コミュニケーション・スタイルによって分類したものをご紹介します。

『自己主張』と『感情表出』という二つの軸をもとに、人には4つのタイプ別の因子があり、その特徴からそれぞれ次のように名づけられました。

 

1.コントローラー

2.プロモーター

3.サポーター

4.アナライザー

 

あなたはどのタイプでしょうか?

あなたがうまくやりたい相手は、どのタイプでしょうか?

 

自分のタイプを知って特徴を自己理解し、相手のタイプに合わせた関わりができると

ストレスをためにくくなります。

 

今回はまず、1.「コントローラータイプ」についてご紹介します。

自己主張は高く、感情表現は低い。

□ 感情を表に出さない

□ 目標達成意欲が強い

□ 仕事の結果重視

□ ムダが嫌い

□ 指図されるのが嫌い

□ 自分の思い通りに物事を行うのを好む

□ 統率力がある

□ 決断力がある

□ 行動的、野心的、エネルギッシュ

□ ペースがはやい

□ 人を寄せ付けない印象を与える

□ やさしい感情を表すことが苦手

□ 他者から怖がられることがある

□ 人をなかなか信頼しない

 

【特徴】

人から指図されることが嫌い。判断力に富み、スピーディーな対応を好むので、全体的に仕事ができるタイプ。ふだんからリーダーシップを発揮する、もしくは発揮したがる傾向が強い。優柔不断を嫌い、相互の意見を戦わせて関係性を深めることを好む。衝突を恐れず目上の人への意見もハッキリ言う。

 

【相手がコントローラータイプだった場合の効果的な対応】

とにかく立てる。「教えてほしい」という対応がベター。このタイプに話をするときは、とにかく結論から伝え、説明や連絡もきちんと行うこと。また出来るだけ手短かに伝えることも大切。お互いの役割や責任の所在について明確にし、しっかりと伝えて納得してもらうことも重要。

 

【相手がコントローラータイプだった場合の効果的な質問例】

「あなたなら、どうしますか?」

「意見をぜひ聞かせてください」

「あなたの計画を教えてくれませんか」

 

こういった分類分けは、正しい正しくないを問うものではなく、

自分のタイプを知って特徴を自己理解し、その上で相手のタイプに合わせた関わりができると、私たちはストレスをためにくくなる、そんな風につかうものだと思います。

上司や部下、顧客や取引先の方とのコミュニケーションに役立ててみてください!

 

次回はプロモータータイプをご紹介します。