2021年度はこんな支援メニューを提案しています | くわもとキャリア設計事務所-桑本玉枝      

個人のキャリア支援を組織の成長へとつなぐ

お問い合わせフォーム

            

お知らせ・情報

2021年度はこんな支援メニューを提案しています

くわもとキャリア設計事務所として、企業での人材育成支援に携わり、今年4月で7年目に突入します。

担当するそれぞれの企業の問題・課題に合わせた支援メニューづくりを基本にやってきましたが、中小企業の抱える問題には、共通する部分も多いと感じているところです。

 

そこで2021年度は、毎月行う支援内容として、企業訪問しての個別のキャリアコンサルティング面談に加え、心理学をベースとした少人数制のプチセミナーを様々な内容で開催する企画を、ご提案しています。

個別のキャリアコンサルティングと年間メニューが明確になったプチセミナーを、ひと月の支援でセットにしました。

20200113

 

・自分の役職に求められている役割って?

・グイグイ引っ張っていくタイプじゃないのにリーダーシップをとらないといけない・・・。

・働きはじめてから何だかうまくいかず、受診したら発達障がいの傾向があると言われた。業務では困る場面は多いが、出来れば職場には言いたくない・・・

・定期的に人間関係で悩んで落ち込んでしまう。自分の性格が悪いのか・・・。

・いろんなことが重なり体調もすぐれない。転職も含めて広く相談したいので内部の人には話しにくい。

・特定の上司(部下)との折り合いが悪く、ときどき仕事も手につかなくなるほど悩む。

・自分自身はまったく問題がないが、部下(後輩)をもったことで、さまざまなタイプの部下(後輩)のマネジメントをする必要がでてきた。

 

上記のような個人的な悩みを話そうという相手が、どんな人か顔もわからないままでは面談の申し込みをためらってしまう場合もあります。そこで、セミナープログラム例のような、しなやかな強さをもっていきいきと働いていきたい人はどなたでも受講できます、という内容で、講師兼カウンセラーの人となりを見ることができます。

また自分と向き合う時間を、プチセミナーの中で職場の仲間と共有することは、他者理解にもつながるというメリットがあります。

 

個別のキャリアコンサルティング〈=働く人が自分(自分の働き方)と向き合う時間をもつこと〉は、個人の業務効率化につながるのはもちろんのこと、メンタルヘルスやハラスメント問題の「予防」にも、効果が大きいです。

 

カウンセラー兼キャリアコンサルタントは、メンタルヘルス不調に陥ってしまった社員さんの対応や、ハラスメント問題となってからの加害者や被害者へのヒアリングでも活用できますが、組織の社員さんのため、また費用対効果の面でも「予防」的な活用を考えていただきたいと思います。