3月, 2020 | くわもとキャリア設計事務所-桑本玉枝      

個人のキャリア支援を組織の成長へとつなぐ

お問い合わせフォーム

            

【月別アーカイブ】2020年 3月 |

2020年新入職員研修実施しました

鳥取県倉吉市に本部のある、「社会医療法人仁厚会」および「社会福祉法人敬仁会」の2020年度新入職員研修を実施しました。看護師、介護士、作業・理学療法士、保育士など、専門職として採用になった総勢25名の新人さんです。

 

私がこちらの法人で新入職員研修を担当させていただくのは5年目になります。朝9時半から18時半までの8時間研修です。よく研修の依頼をいただく際に「2~3時間で出来るだけ多くの内容を」というご要望が多い中、たっぷり8時間つかって、社会人1年生の“これから”に関わることができるのは、キャリアコンサルタントとしてとてもやりがいを感じます。

研修の内容は、社会人と学生の違い、報告・連絡・相談、コミュニケーションスキル(聞き方・伝え方)などビジネスの基本について、座学だけでなくグループワークの時間をしっかりとります。それによりワカルだけでなくデキルにつなげていきます。またキャリアデザインやセルフコーチングなども、体験学習だけでなくグループ内で共有する時間をもちます。それにより他者の価値観を知り、多様な価値観をもつ人たちが集まっているのが職場なのだということを感じてもらい、認め合うことの大切さを知ってもらいます。

 

一日見ていると、リーダーシップのとれる人、聞き上手な人、場の雰囲気をつくるのが上手な人など、それぞれの特徴が見えてきます。こちらの法人の新人さんは、例年すなおに学び、真摯に実践していこうという人が多くいつも感心します。今回の新人さんもすばらしく、研修の終盤には与えられた課題に対してグループ内で自然に役割分担ができるなど、お互いの強みや課題、価値観などを理解し認め合っている様子が見受けられました。

アンケートには「たくさんのグループワークで、同期として横のつながりができました。お互いを支え合っていけそうです。」と表現されていました。

 

この一日研修は、社会への第一歩である最初の勤務先として選んでくれた新人さんを、地元企業として責任をもって大切に育てていこうという法人の姿勢だと思います。私も研修講師としてビジネスマナーを教えるというだけでなく、キャリアコンサルタントとして「ようこそ社会人!あなたは職業人生をどうつくっていきたい?」を問いかけます。

毎年、私も全力投球です。