2月, 2019 | くわもとキャリア設計事務所-桑本玉枝      

個人のキャリア支援を組織の成長へとつなぐ

お問い合わせフォーム

            

【月別アーカイブ】2019年 2月 |

くわもとキャリア設計事務所の“支援メニュー表”が出来ました!

独立して4年が経とうとしています。当事務所のウリは、経営者の方または担当者の方へのしっかりとヒアリングを行い、その企業の課題をあぶりだして整理をし、その課題解決のための支援メニューをオーダーメイドで組み立てていけることです。ただこの4年間、よくいただいた質問が「で、ようは何がしてもらえるの?」というもの。
そこでこの4年間で実際に行ってきた支援を、メニュー表に整理してみました。

研修だけでなく、また個別面談のキャリアコンサルティングだけではなく、それらをうまく組み合わせることが重要だと考えています。また研修と面談だけでなく、経営者の方や担当者の方と定期的に方向性の確認やフィードバックを積み重ね、その内容を研修や面談に活かす、というサイクルを意識することで効果が上がります。
経営理念をみんなで再確認しながら、その中で従業員一人ひとりがいきいきと働ける職場ってどんなだろう?を考えていく、そんな作業を研修や個別面談でお手伝いさせていただいています。

支援メニューはコチラ↓↓↓
◆くわもとキャリア設計事務所支援メニュー表◆

サブリーダー研修をしました~なりすなの取組み~

社会福祉法人青谷福祉会特別養護老人ホームなりすなさんで、定期的に階層別の研修を実施しています。

写真は、直近の1月に実施したサブリーダー・副主任級の研修の様子です。
真剣な空気感が伝わるでしょうか?

カードを使って“仕事をする上で大切にしたいこと”の自己理解を深めたり、グループで共有することで他の人の大切なことも知ることが出来ます。大切なことは同じではないけれど、同じ仕事をする仲間として尊重する、そんな風に関わっていきたいものです。

またアンガーマネジメントにもふれました。職場だけでなく、家族との関係でも練習出来ますよとお伝えすると、「子どもとの関わりにさっそく使ってみます!」とのこと(笑)

役割認識では、サブリーダーとして「上司・組織から求められていると思うこと」と「部下から求められていると思うこと」を2チームに分けて意見を出しました。

 
ホワイトボードを見ながら、他の人の意見を一生懸命メモをとられる姿に“こう在りたい”に真摯に向かうアツイ気持ちを感じました。