4つのタイプ、あなたは何タイプ?①~コントローラー編~ | くわもとキャリア設計事務所-桑本玉枝      

個人のキャリア支援を組織の成長へとつなぐ

お問い合わせフォーム

            

お知らせ・情報

4つのタイプ、あなたは何タイプ?①~コントローラー編~

今回は、コーチングのためのタイプ分けのしくみについてです。

 

人をもっとも特徴づけるのは、他者とのコミュニケーションの取り方である、という前提にたち、コミュニケーション・スタイルによって分類したものをご紹介します。

『自己主張』と『感情表出』という二つの軸をもとに、人には4つのタイプ別の因子があり、その特徴からそれぞれ次のように名づけられました。

 

1.コントローラー

2.プロモーター

3.サポーター

4.アナライザー

 

あなたはどのタイプでしょうか?

あなたがうまくやりたい相手は、どのタイプでしょうか?

 

自分のタイプを知って特徴を自己理解し、相手のタイプに合わせた関わりができると

ストレスをためにくくなります。

 

今回はまず、1.「コントローラータイプ」についてご紹介します。

自己主張は高く、感情表現は低い。

□ 感情を表に出さない

□ 目標達成意欲が強い

□ 仕事の結果重視

□ ムダが嫌い

□ 指図されるのが嫌い

□ 自分の思い通りに物事を行うのを好む

□ 統率力がある

□ 決断力がある

□ 行動的、野心的、エネルギッシュ

□ ペースがはやい

□ 人を寄せ付けない印象を与える

□ やさしい感情を表すことが苦手

□ 他者から怖がられることがある

□ 人をなかなか信頼しない

 

【特徴】

人から指図されることが嫌い。判断力に富み、スピーディーな対応を好むので、全体的に仕事ができるタイプ。ふだんからリーダーシップを発揮する、もしくは発揮したがる傾向が強い。優柔不断を嫌い、相互の意見を戦わせて関係性を深めることを好む。衝突を恐れず目上の人への意見もハッキリ言う。

 

【相手がコントローラータイプだった場合の効果的な対応】

とにかく立てる。「教えてほしい」という対応がベター。このタイプに話をするときは、とにかく結論から伝え、説明や連絡もきちんと行うこと。また出来るだけ手短かに伝えることも大切。お互いの役割や責任の所在について明確にし、しっかりと伝えて納得してもらうことも重要。

 

【相手がコントローラータイプだった場合の効果的な質問例】

「あなたなら、どうしますか?」

「意見をぜひ聞かせてください」

「あなたの計画を教えてくれませんか」

 

こういった分類分けは、正しい正しくないを問うものではなく、

自分のタイプを知って特徴を自己理解し、その上で相手のタイプに合わせた関わりができると、私たちはストレスをためにくくなる、そんな風につかうものだと思います。

上司や部下、顧客や取引先の方とのコミュニケーションに役立ててみてください!

 

次回はプロモータータイプをご紹介します。