鳥取県内中小企業の労務担当者さん、事務員さんへ~その1~ | くわもとキャリア設計事務所-桑本玉枝      

個人のキャリア支援を組織の成長へとつなぐ

お問い合わせフォーム

            

お知らせ・情報

鳥取県内中小企業の労務担当者さん、事務員さんへ~その1~

公的機関には、労働者の方向けのサービスと、雇用する側(事業主や労務担当者の方)向けのサービスと両方あります。

 

私が以前ハローワークや県立高校でしていた支援は、労働者の方向けの支援サービスでした。

今、くわもとキャリア設計事務所のキャリアコンサルタントとして行っている支援は、雇用する側の方と一緒に、労働者にとっての働きやすい職場づくりのお手伝いです。

 

今回は、雇用する側の立場の方々のお困りごとをサポートする、関係機関や公的事業を改めてご紹介します。

 

たとえば、

【鳥取県中小企業労働相談所みなくる】https://www.pref.tottori.lg.jp/minakuru/

では、

(労働相談)
労働者も企業担当者も相談できます。

(労働セミナー)
定期的に開催されるみなくる主催の労働関係のセミナーで学ぶことができます。

(社内研修会の講師派遣)
自社内で研修を企画された際に(1時間無料で)講師を派遣してくれます。

 

20210519

 

既に社内で、従業員のキャリア形成支援について、計画的に行っておられる事業所さんには、【社内研修会の講師派遣】事業などは、ピンポイントで使っていただける事業だと思います。

 

実際、昨年はコロナの影響もあり、例年県外から講師を招いての社内研修を実施されていた企業さんも、できれば中止にしたくないので県内の講師をと考え、活用したというお話も聞きました。

 

社員の離職が相次いだり、メンタルヘルスやハラスメントの問題が発生したりと“火事”が起こってから“消火”するのでは、失う時間や労力も大きいです。

 

以前にも紹介した、

20210120

 

(右上の)日々の業務に追われておられる担当者の方にとっては、(左上の)キャリア形成などの人材育成、メンタルヘルスやハラスメント対策に手を付けるのは、なかなか難しいかもしれません。

 

ただ、日々私が関わっている鳥取県内の中小企業さんの場合、時代の変化が激しく先が読めないからこそ、できることから続けておられる企業さんはうまくいっているように感じます。

 

いきなり大きな取組みを計画しなくても、冒頭紹介したみなくるさんの事業を活用するなどして、自社で出来ることからはじめていくのがいいと思います。

 

次回は、みなくるさん同様、鳥取県内中小企業さんに活用をオススメしたい、

【鳥取産業保健総合支援センター】https://www.tottoris.johas.go.jp/

についてもご紹介します。