鳥取県内中小企業の労務担当者さん、事務員さんへ~その2~ | くわもとキャリア設計事務所-桑本玉枝      

個人のキャリア支援を組織の成長へとつなぐ

お問い合わせフォーム

            

お知らせ・情報

鳥取県内中小企業の労務担当者さん、事務員さんへ~その2~

今回は題名のとおり、雇用する側の立場の方々のお困りごとをサポートする、関係機関や公的事業のご紹介、第2弾です。

 

私は、キャリアコンサルタントとして、鳥取県内の中小企業を応援していきたい気持ちが明確なので、毎週事務所HPに掲載しているこの【お知らせ一覧】の文章は、鳥取県内の経営者の方や労務担当の方、事務の方に向けて書いています。

前回は、定期的な社内研修において、みなくるの講師派遣事業をオススメしました。

今回は、全国に配置されている産業保健総合支援センター(さんぽセンター)についてです。

 

鳥取産業保健総合支援センターの事業全体については、HPをご確認ください。

【鳥取産業保健総合支援センター】

https://www.tottoris.johas.go.jp/

 

いろんな事業がありますが、私がとくにオススメしたいのはメンタルヘルス対策支援です。

 

 

【メンタルヘルス対策を無料で支援します!】

https://www.tottoris.johas.go.jp/?page_id=100

 

さんぽセンターから委嘱された、社会保健労務士や産業カウンセラーが、メンタルヘルス対策促進員として企業に訪問して支援を行います。メンタルヘルス対策における体制づくりの相談や社内研修における講師も担います。

オススメポイントは、自社の状況や環境に合わせて相談できたり助言がもらえることです。

 

国の進めているメンタルヘルス対策としてのストレスチェックやその中でできる職場環境改善、また中小企業でも令和4年4月に法制化されるハラスメント対策などは、会社として進めていきたい気持ちはあっても何から始めていいのかわかりにくいものです。また情報収集すると、お金や時間、労力のかかるものも多く、一歩が出にくい、というのが会社としてのこういった「対策」だと思います。

 

鳥取さんぽセンターで委嘱されているメンタルヘルス対策促進員は、県内の社労士や産業カウンセラーなので、県内事業所の事情にも詳しく、会社規模にあった、また現状に即した一歩前進の支援を行います。

 

会社で行う「対策」としての体制づくりやルール・しくみづくりは、コトが起きる前に対策として行うのが基本ではあります。ただ、中小企業だからこそ、お金や時間、労力のかかるところに手がつけにくいという事情もあるのだと思います。

 

そういった場面にこそ、導入時には公的機関の公的な事業をうまく活用していくことをオススメいたします。