給料を上げても従業員が辞めてしまう?! | くわもとキャリア設計事務所-桑本玉枝      

個人のキャリア支援を組織の成長へとつなぐ

お問い合わせフォーム

            

お知らせ・情報

給料を上げても従業員が辞めてしまう?!

今回は、従業員の定着率アップのための心理学についてご紹介したいと思います。

大事な従業員さんから退職の相談が続いたとき、給料を上げれば従業員は辞めないのか?ということについてです。

 

アメリカの心理学者ハーズバーグの二要因理論というのがあります。

人が働く上で、どんなことが満足する要因となり、逆に不満足となる要因であるのかを明確にした理論です。

二要因理論なので、人事労務管理に必要な要素を【動機付け要因】と【衛生要因】という、二つに分けて説明しています。

 

 

◆【動機付け要因】とは、「達成すること」「承認されること」「仕事そのもの」「責任」「昇進・向上」といった、仕事の満足度に関わる要素です。

 

動機付け要因は、促進要因ともよばれ「ないからといってすぐに不満が出るものではない」けれど「あればあるほど仕事に前向きになれる」という要素です。

◆【衛生要因】とは、「給与」「福利厚生」「経営方針・管理体制」「同僚との人間関係」「上司との関係」といった、仕事の不満に関わる要素です。

 

衛生要因は、不満足要因ともよばれ「整備されていないと社員が不満を感じる」けれど「整備していても満足につながるわけではない」という要素です。

従業員のモチベーションマネジメントを行う上では、職務満足の反対が職務不満足ではない、という点に注意が必要です。

 

職務に満足してもらおうとして不満足要因を徹底的に解消したとしても

『不満がなくなる』のであって『満足する』わけではないのです。

 

 

動機付け要因と衛生要因のどちらか一方だけ満たせばよいというわけではなく、衛生要因における問題を解決した上で、動機付け要因を満たす必要があるんですね。

 

 

仕事の満足度に関わる【動機付け要因】

「達成すること」

「承認されること」

「仕事そのもの」

「責任」

「昇進・向上」

 

これらが満たされるような“しくみ”として、キャリアコンサルティングも有効だと思います。