経営者、教育、研修、人権、人材育成など、担当者の方々へ | くわもとキャリア設計事務所-桑本玉枝      

個人のキャリア支援を組織の成長へとつなぐ

お問い合わせフォーム

            

お知らせ・情報

経営者、教育、研修、人権、人材育成など、担当者の方々へ

キャリアコンサルタントが関わる分野だけでも、企業にはさまざまな対策が課せられています。ハラスメントやメンタルヘルス対策、キャリア開発支援など、法律で義務や努力義務で示されているものです。

 

あたり前ですが、コトが起こってからするのは、“対処”です。

コトが起こる前にするのが、“対策”です。

 

事前にハラスメント対策をしておけば、大事な社員がハラスメント被害にあったり、それとは知らずハラスメント問題を起こしてしまったりということがなくなります。

事前にメンタルヘルス対策をしておけば、職場内での声掛け、助け合う風土づくりができ、メンタルヘルス不調をきたす前に社員自ら気づいて、はやめに対処できます。

事前にキャリア開発支援をしておけば、社員一人ひとりが自分のキャリアについて考え仕事に対するモチベーション向上につながるので、期待していた社員が急に退職してしまう、などといった事態を防ぐことにもつながります。

 

どの取組みも成果へのつながりが見えにくく、また時間がかかるということが悩ましいところです。

でもだからこそ、後手に回るより、先手をうつことが大事だと思います。

たとえばストレスチェックなどは、高ストレス者に医師の面談を勧めたけれど本人が断った、ということの繰り返しでは後手に回ってしまいます。新しい大きな取り組みを!としなくても、今やっているストレスチェックの集団分析の結果を活用して、先手をうつことも出来るのではないでしょうか。グループワークを中心とした、心理学を用いたコミュニケーション研修を実施するなどの取組みで、自己理解が深まると他者との違いを受け入れやすくなり、同僚や上司からの支援が受けやすくなったりします。こういった取り組みを計画的に行い、次年度の高ストレス者そのものを減らす、というように、今すでにやっているストレスチェックという取り組みにプラスアルファして予防につなげていく、というやり方でいいと思うのです。

 

このように、予防のための対策は、新しいことでなくても今やっている取組みの延長線上のプラスアルファから考えていくのが、組織になじみやすいと思います。

計画的に“対策”を行い、予め防ぐ、“予防”につなげていきたいものです。

 

【ハラスメント対策についてはコチラ】

明るい職場応援団(厚生労働省)

https://www.no-harassment.mhlw.go.jp/

 

【メンタルヘルス対策についてはコチラ】

こころの耳(厚生労働省)

https://kokoro.mhlw.go.jp/

 

【キャリア形成支援についてはコチラ】

企業領域におけるキャリア形成支援(厚生労働省)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/jinzaikaihatsu/kigyou_gakkou.html