社内のカウンセリングって、いったい何をしているの? | くわもとキャリア設計事務所-桑本玉枝      

個人のキャリア支援を組織の成長へとつなぐ

お問い合わせフォーム

            

お知らせ・情報

社内のカウンセリングって、いったい何をしているの?

私はほぼ毎日、鳥取県内の契約先企業をまわって、

・社員さんの個別面談
・社員さんの集合研修
・管理職の方へのフィードバックや今後の打合せ

を行っています。従業員人数の多い会社さんの場合、ひと月の訪問回数を増やして対応しています。

 

個別面談は、“働き方の定期健診”のような感じで、順次定期的に番が回ってきます。そうすると「とくに仕事でもプライベートでも悩みがないなぁ」というタイミングで順番が回ってくる社員さんもあります。

経営者の方にとっては、そんなタイミングで面談を受けさせるのはもったいないと思われるかもしれませんが、これが大事なのです。

 

心の問題は周囲の人にとっても目に見えにくい上、本人も気づきにくい(気づきたくない?)という面もあります。反面、心の問題はいかに早く気づいて対処するかが重要です。よって、本人や周囲が小さな変化に早く気づくきっかけとして、“いつもと違う”がポイントになります。

そして“いつもと違う”に、本人や周囲が気づくためには、“いつも”を知っておくことが重要です。

 

そういった意味で「今日はとくに悩みはないんですけど・・・」というタイミングでの面談が大事です。

逆に、そういったタイミングで面談になった場合、うまくいっている要因、つまりその方の強みを明確にして自覚を促し、うまくいっていることは意識的に継続してもらう、またうまくいっているからこそ少し先の未来について考えてもらい、適切な目標設定とそれを実現するために必要な行動について意識化する、つまりコーチングの効果がでてきます。

先日、契約先企業で、すでに何巡目かの社員Aさんの面談を行いました。

これまでの何度かの面談では「良くも悪くも、周囲の人に気をつかってしまう」という特性がありました。平常時の面談の際は、そのことをご自分で笑って「ついつい、周囲の人はどうかなって気にしてしまうんですよね~」と穏やかに話をされ、自分の仕事もこなしつつ周囲の様子にも気を配ることのできる人、という印象でした。

 

それが先日の面談のAさんは、やや笑顔が少なく、主語が(私は~)が多く、語尾は「~なのに」が目立ち、なんとなく違和感を感じました。つまり、【私はこんなに頑張っているのに、周囲の人や業務そのものが思ったように進まない】と悩んでおられました。

ただ、ご自分が悩んでいるということにご本人は気付いておられず、「(周囲の人が)もっと~してくれないから」「職場環境が~だから仕方ない」といった、他者に向かうネガティブな感情で悪循環に陥っておられるようでした。

 

 

【私はこんなに頑張っているのに】の部分をていねいに聴きました。Aさんらしい頑張りの話がでてきました。【周囲の人にどうしてほしいのか】【職場環境がどうだったらいいなと思うか】の部分もていねいに聴きました。

整理してみると、Aさんが「これとこれは、人に期待してイライラしなくても、今すぐ自分で出来るわ!」と表情が変わっていきました。

面談終了時には「どうなったか、また報告するけん♪」とイキイキと部屋を出ていかれました。

 

カウンセリングって、本来その人がもっているチカラを信じることが大事って、そういえばカウンセラーの養成講座の先生が言っていたなぁとおもいだしました。