求人VS求職の攻守交替?!その2 | くわもとキャリア設計事務所-桑本玉枝      

個人のキャリア支援を組織の成長へとつなぐ

お問い合わせフォーム

            

お知らせ・情報

求人VS求職の攻守交替?!その2

今回は、8/26の求人VS求職の攻守交替?!その1に続いて、その2です。

 

その1では、労働市場が変化しつつある中、求人する側(会社側)の方々へのご提案をさせていただきました。

その2では、労働市場が変化しつつある中、求職する側(労働者個人)の方々へのご提案をしたいと思います。

 

 

何らかの事情で自ら転職を希望し、かつ就職活動の進め方を理解している方。

前職を長く続けておられ、かなり久しぶりの就職活動という方。

学卒で就職してそのまま定年退職をしたので、それ以来初めての就職活動という方。

会社の倒産や人員削減といった、就職活動をせざるを得なくなった方。

 

ひとくちで求職者の方といっても、いろんな方がおられます。

 

そして労働市場は、コロナの影響が出る前は、どちらかというと売り手市場。

つまり『たくさん求人があるのだから、求職者の方が仕事を選ぶ』そんな雰囲気がありました。それが、今、攻守交替?!と私は感じます、というのが前回のお話。

 

 

今回、求職者の方にお伝えしたいのは、売り手市場だろうが買い手市場だろうが

“大事にすべきことは変わらない”ということです。

 

結論からお伝えすると、

【就職活動は、人よりすごい資格をもっている人やすごい経験のある人、そんな人が勝つのではなく、準備をした人が勝つ】ということです。

 

ここで言う“勝つ”とは、納得のいく就職を果たすという意味です。

“準備”とは、自分自身を見つめなおし自分を表現する言葉として、言語化する作業をコツコツと行うということです。

ここで生み出した言葉を、履歴書の志望動機文や面接で、応募先に対して自分を表現する際につかうのです。

よくセミナーなどでお話するのが、

「大人になったら、弱みは無理に改善しようとせず、でもしっかり認識して、気を付けたり人を頼るよう努める。強みは、より伸ばす&活かす!!」ということ。

 

就職活動をする際は、自分の弱みや強みをどう把握してどう活かしていくつもりかを

語ることが求められます。採用面接では、とくに強みを伝えることが大事です。

 

ただ、これまでのキャリアコンサルタントとしての経験上、この強みを上手に伝えられる方が非常に少ない。

 

あまり自慢げに出来ることを語るのは気が引ける、だったり、

自分には自慢できるようなことはひとつもない、と本気で言われる方もあります。

 

 

でも・・・強みがない人なんていません。

気付いてないだけ、自分の強みに気付く方法を知らないだけです。

 

キャリアコンサルタントを活用してください。

ハローワークの窓口には、キャリアコンサルタントとして

あなたの強み発見のお手伝いができる人がたくさんいます。

 

要領よく、納得のいく就職を果たすコツは、準備をしっかりすること。

その準備は一人でするのではなく、キャリアコンサルタントをうまく活用することです。