気づいてしまったら泣けてきた | くわもとキャリア設計事務所-桑本玉枝      

個人のキャリア支援を組織の成長へとつなぐ

お問い合わせフォーム

            

お知らせ・情報

気づいてしまったら泣けてきた

先日、キャリアコンサルタントのある講座を受講したくて、書類選考を受けました。

その選考課題のひとつに、

◆自分の志(なぜ私はキャリア支援の仕事をするのか、何を実現しそれは私の何とつながるのか

という項目がありました。

 

いろんな場面で自己紹介をすることは増えていて、現在の仕事内容やそこで大事にしている価値観などは、自分の中でも整理できています。

ただ、今回のこの問いに真摯に向き合ったことで、あいまいだった根っこの部分がむき出しになり、そしてまさに今の自分自身とつながった衝撃をうけました。

 

30代前半のころ、仕事の関係でたまたま大学生と一緒に受講した、キャリアに関する講座をきっかけに、キャリア支援を仕事にしたい!と思いました。それからキャリアコンサルタントの養成講座を受講し、資格を取得し、ハローワークでキャリア支援の仕事をし、1級技能士に合格したタイミングで、企業分野でのキャリア支援にシフトしました。

 

独立起業したから「今後はすべて自分の責任でやっていかねば!」という気負いが強まり、この7年全力投球してきたのだと思っていました。この“問い”にあうまでは。

 

選考課題の文章を何度も読み返すうち、これまでのことが一気につながりました。

私が中小企業のキャリア支援をヒリヒリするような想いで全力投球してしまうのは、鳥取県内で従業員30人ほどの会社を2代目として経営していた父の姿を見ていたからだと。

 

母は経理を担当し、私も幼い頃から会社事務所で社員さんたちにかわいがってもらい、もの心ついた頃には家庭で経営会議のようなことが行われるのも自然なことでした。今思えば、その頃は家庭内においても、会社の財務の問題、事業そのものの問題、人や組織の問題など、身近にあったように思います。

私が中小企業のキャリア支援に没頭するのは、父がいつも悩み考えていた、従業員がいきいきと働ける職場づくりをしたい、ただそれだけだなと。私の根っこにあるのは、それ以上でも以下でもないなと気づきました。

 

実現したいのは、労働者一人ひとりがいきいきと働ける職場づくりです。そのために、従業員さんに面談という形で直接かかわることもあれば、会社を我が子のように大事に思っておられる経営者の方と、一緒に考えるという役割りも大切にしています。

 

人や組織の問題への対処に、正解もゴールもない中で、学びと実践の繰り返しでこれからもずっと走っていたいという想いです。それは、私の何とつながるのかといえば、自己満足だと思います。

 

実家の会社が倒産する前に、経営者である父と一緒に走ることが出来なかった、その父が亡くなる前に、そのことに気付けなかった後悔を、いま目の前の企業において実現させていきたいという、とても自分勝手な自己満足だと気づくことが出来ました。

 

自己満足がモチベーションって、ゆるぎない感じがします。