新入社員の〇割が、10年以内に退職予定?! | くわもとキャリア設計事務所-桑本玉枝      

個人のキャリア支援を組織の成長へとつなぐ

お問い合わせフォーム

            

お知らせ・情報

新入社員の〇割が、10年以内に退職予定?!

今回は、気になる調査結果を見つけたので、ご紹介します。

「マイナビ」という就職情報サイトで、コロナ渦で入社した新入社員に対する調査がありました。

 

『2020年新入社員の意識調査』

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001273.000002955.html

 

会社のコロナ対応への満足度やテレワーク利用者の人間関係の希薄さからくる不安、などが中心ですが、上記調査結果の最後【図5】は興味深いです。

 

私の契約先企業は、現場作業が中心のためコミュニケーションがとりづらい職種、業態です。

そのため、メンター制度やキャリアコンサルティング制度を導入して、定着を図っています。図5にある、話しかけたり面談を行う側の上司や先輩は、自分たちの入社時はそんな風に育ててもらった経験がないので、キャリアコンサルタントがお手伝いをしながら、“しくみ”として、接点をつくっていきます。

 

育成する側の方々は、最初は話しかけて接点をつくっていきますが、ほかにも新入社員の特性に合わせた関わり方だったり、信頼関係を築いていける聴き方だったり、成長を促すような関わり方だったり、育成していく側もともに成長していくことが求められます。

自分の担当業務をこなしつつの育成なので大変ですが、ご自身の成長にもつながります。

子育てすることで親も育っていく、などと言いますが、社員の育成も同じかもしれません。

 

そうして育てられた(10年以内には半数が退職予定だった)かつての新入社員さんが、なんと10年後には育成側にたっている、それが理想的ですね。

 

今は大変かもしれませんが、理想的な10年後をイメージして手をうっていく経営は、健康的です。

お手伝いしますので、一緒に頑張っていきましょう。