効果的に面談を進めるために、こんな工夫をしています | くわもとキャリア設計事務所-桑本玉枝      

個人のキャリア支援を組織の成長へとつなぐ

お問い合わせフォーム

            

お知らせ・情報

効果的に面談を進めるために、こんな工夫をしています

契約先企業で定期的に面談をしていると、月に一度の訪問であれば「来月も、継続して面談を希望します」という社員さんがおられます。担当者の方や経営者の方は、面談室で何が起こっているのか、気になりますよね。

 

もちろんメンタルヘルス対策も兼ねてはいるけれど、スキルアップのため、業務効率アップのためのコーチング面談に活用してほしい、というのが、契約をしてくださっている経営者側のホンネだと思います。

「会社への不満や上司の愚痴を吐き出す場所としてだけで使われているのなら、たまったもんじゃない」

ですね。

継続面談の方に私がしている工夫は以下のとおりです。

 

「面談を効果的に進めるために」という題名のペーパーを示して、

「今日はどのメニューでいかれますか?」と、レストランで最初にオーダーを聴くような感じで、確認してから面談に入るようにしています。

 

① ただ、話を聴いてほしい

何の忖度もなく、自分のモヤモヤした気持ちを吐き出すことで、スッキリして前に進む力がでます

 

② 他者に話をしてみることで、考えていることを整理したい

こころの中やあたまの中にあることを言語化し、相手に伝えることを通して自分自身の状況や気持ちが整理できます

 

③ 自分の考えを他者に伝え、他者からの意見も聴いてみることで、問題を多角的に捉え、さらに考えを深めていきたい

自分の考え、やり方はこれで合っているのか?ほかにもっといい方法があれば知りたいので、視野を広げて考えてみたいという方に

 

④ 自分の感じている問題や課題について話をすることで整理し、今後自分がどうすべきか、具体的なアクションプランを一緒に考えてほしい

③で整理できたことを、さらに行動レベルまで落とし込んで、何をすべきか、何が出来るか、まで整理したい方に

 

⑤ ④ででたアクションプランに優先順位をつけ、実際に行動にうつしていく時の流れやそのポイントについて、具体化していきたい

 

これは、会議のファシリテーターを務める際にもつかえます。複数の人たちで共同作業をするときに、時間と今日のゴールを確認することは大事ですね。

 

私個人は、ひとり会議でもつかっています。