働きやすい職場づくりって | くわもとキャリア設計事務所-桑本玉枝      

個人のキャリア支援を組織の成長へとつなぐ

お問い合わせフォーム

            

お知らせ・情報

働きやすい職場づくりって

今日は、女の敵は女である!というテーマです。

 

キャリアコンサルタントとして日々いろんな企業を訪問してキャリアカウンセリングを行っていると『私も気を付けなければ』と感じる相談内容がときどきあります。

 

女同士だから分かる?!女同士だからこそ許せない?!

そんな話です。

 

女性は、働きながらの妊活・妊娠・出産・子育てなど大変な時期がどうしてもあります。

私自身、息子二人、働きながら育ててきました。

 

・・・この、私は通ってきた道よ!ドヤァって感じ、この嫌な感じは無意識に出ているものなんです(反省)

その時、自分がした苦労や頑張ったことを、『これくらいあなたも頑張って当然』と人にもつい求めてしまうんですね。

 

地域の特性として、このあたりは昔から女性就業率がとても高いです。

 

どの職場にも、働きながら子どもを2人も3人も育て上げた、ドヤァって大先輩のおばちゃま方(私を含めて)がたくさんいます。

保育園がまだそんなに便利でなかった頃、妊活って言葉すらまだあまり認知されていなかった頃、そんな時代をくぐり抜けてきた、ツワモノたちです(笑)

 

そんなおばちゃま方からすると(私も含めて)

マタハラ禁止!妊活応援しよう!ワークライフバランス大事!

は、『やっとそんな時代がきたなあ』としみじみうれしく思うわけです。

 

反面、実際に中小企業でギリギリの人数で仕事まわしている中、新婚さんの若い従業員さんが

「不妊治療をはじめるので定期的に月に1度は遅刻してきます。また体調によってはそのまま休む日もあるかもしれません。」

となったとき、その状態が数か月続いてフォローも限界になってきたとき、

 

『私たちの頃はこんなことで堂々と休みなんかとらなかったわよねぇ。』

と愚痴がポロリ。

 

そんな愚痴が本人の知るところとなり、

『不妊治療をしばらくやめるか、会社を辞めるか、悩んでいます。』

とカウンセリングで語られるわけです。

 

妊婦さんの仕事の軽減とか、子育てとの両立で子どもの体調不良による急なお休み等も

すべて同じ理由で、はじめは良くてもだんだん負担が増えるとつい

『自分のときはこんなに恵まれた環境じゃなかった。何とかならないの?』

と、働きやすい職場からだんだんと遠ざかっていく雰囲気になります。

 

女性に限定しない、同様の話では、新人を育成するメンター制度があります。

『俺らの頃は見て覚えたもんだ。こんな手取り足取り教えてもらったり、面倒みてもらえなかったぞ。』

という心理がどうしてもでてきます。

 

小規模の会社ほどこの現象が出やすいというのもありますが、逆に人数が少ない分、

経営者の方を中心に

『気持ちは分かるけど、働き易い職場はみんなで作っていかないと!!

せーのでみんなで気持ちをひとつにしてやってみよう!』

という声かけで劇的に変わった職場もありました。

人にはそれぞれ事情があり、感じ方もそれぞれ。

お互いに思いやって制度やしくみもうまく活用できる、そんな職場づくりは

待っているだけじゃなくて、ひとりひとりが意識して作っていくものなんですよね。