中小企業の離職防止にメンター制度を | くわもとキャリア設計事務所-桑本玉枝      

個人のキャリア支援を組織の成長へとつなぐ

お問い合わせフォーム

            

お知らせ・情報

中小企業の離職防止にメンター制度を

介護労働安定センターさんが鳥取県の事業として推進しておられる事業で「メンター制度導入支援」があります。メンター制度は、採用になったばかりの方が、右も左も分からないときに仕事も十分に教えてもらえないまま、なじめない・合わないと感じて早期に離職されるケースを、なくしていこうというしくみです。

写真は、今年度その事業に手を挙げられた【陽だまりの家なかやま】です。スタッフの年齢層の幅が広いため、当初はコミュニケーションのギャップを心配しましたが、逆にそこがうまくいっている職場だとわかりました。

新人さんをあたたかく迎えるため、自分たちの職場の強みや課題を、まずは今いるスタッフみんなで認識を深めようとスタートしました。話し合いの場を設けたり、自己分析の研修やグループワークを通じてお互いに感じていること・考えていることをオープンにし共有しました。若い方、若くない方?!経験の浅い方、ベテランの方、いろんな方がおられますが、日頃から管理者の方を中心に率直なコミュニケーションがとれていることが見てとれました。また意見を出し合う際には、周囲の方を気遣った言葉えらびをされるなど、メンバー全体のコミュニケーションレベルが高い職場だなと感じました。

面倒見のいいおじちゃん・おばちゃんスタッフと、のびのびと働く若いスタッフ、それをガハハと笑いながらまとめていく管理者、そんな印象の職場です。

そしてそんな事業所の支援をさせてもらって、あらためて「人も組織も“強み”を活かすことが大事だな」と気づかせてもらえました。
ありがとうございました。