キャリアコンサルタントは一人事務所で起業して、やっていけるのか? | くわもとキャリア設計事務所-桑本玉枝      

個人のキャリア支援を組織の成長へとつなぐ

お問い合わせフォーム

            

お知らせ・情報

キャリアコンサルタントは一人事務所で起業して、やっていけるのか?

私自身も、キャリアコンサルタントとして所属している団体、一般財団法人ACCN(https://www.allccn.org/)中国四国支部ウェルカムイベントで活動報告をさせてもらいました。

 

「この地域の人びとがキャリアコンサルタントに期待していることは何か、そしてその期待に応えるためにキャリアコンサルタント自身は何をなすべきか、どのようなコミュニティをつくるべきか」をともに考える、オンラインイベントです。

(当日使用した資料の最初の2ページ)

 

全国から集まったキャリアコンサルタントの仲間に、中小企業にこそキャリアコンサルタントが企業に出向いて個別面談をしたり研修をしたりといった、セルフキャリアドックの導入は、効果が高いと感じている、ということをお伝えしました。

20分間でしたが、私なりに6年間やってきている事実と、やってみて感じたことも含め、キャリアコンサルタントとして企業分野で活動することのやりがいをアツク語ったつもりです。

 

一方で、私自身がそうだったように、「キャリアコンサルタントは世間ではまだまだ認知されておらず、独立して一人でやっていくって、安定収入が得られるの?」という一番心配な部分にも、生々しく触れてみました。

 

 

現在の課題としてもお話しましたが、

「キャリアコンサルティングって何?」

「セルフキャリアドックって何のこと?」

こういった質問が、訪問先企業の社長さんや人材育成担当の方からでてきます。

この質問に、専門用語やカタカナことばを使わずに説明できるようになるのが、現在の目標です。

 

社長さんや人材育成担当の方はキャリアコンサルタントではないので、専門用語を使って説明するのは失礼です。そして、何なら“コンサル”ということばだけで、マイナスなイメージをもたれることもあります(笑)

 

上記のような質問がでてくるということは、自組織に対し何らかの問題意識があり、興味をもってもらえたということ。なので、そのお困りごとが語られる中で、社長さんが使った言葉を引用して“キャリアコンサルティング”について説明できたら、一番いいなと思っています。

 

 

最初からキャリコンとして独立企業して成功してやろう!など、何か大きな目標があったわけではないのです。上記のような工夫をしているのも、6年間の中で何度も失敗した中での気づきです。

 

わらしべ長者物語の青年のように、他者の困りごとを一緒に解決する姿勢を取り続けた結果、企業分野におけるキャリアコンサルティングという活動を継続できている、というだけなのです。

そして、実際にしてきたこと、それらすべてを『キャリアコンサルティング』っていうんじゃないの?というイベント参加者の方の意見に、私自身がこの6年間を認めてもらったようなうれしい気持ちになりました。