キャリアコンサルタントの更新講習しています | くわもとキャリア設計事務所-桑本玉枝      

個人のキャリア支援を組織の成長へとつなぐ

お問い合わせフォーム

            

お知らせ・情報

キャリアコンサルタントの更新講習しています

キャリアコンサルタントは、国家資格化されて5年をむかえます。

更新をするためには、知識講習を8時間以上、技能講習を30時間以上受ける必要があります。

知識・技能の継続的な自己研鑽に努めることで、資質を保証しようというものです。

 

今回は『中小企業における効果的なキャリア形成支援』という更新講習の講師を務めました。

朝9時半から夕方4時半までのZOOMを使ったオンライン講座です。全国から18名の方に参加いただきました。

 

朝の自己紹介で『就職支援ではなく、企業内の領域で活動をしていきたいが、それを学ぶ場が少ないと感じていたので、題名を見て受講を決めた。』と教えてくださった方がおられ、身の引き締まる想いでスタートすることができました。

 

キャリアコンサルタントの育成の分野で、私が出来ることって何だろう?

更新講習で、私が語る意味って何だろう?

 

私が日々行っている企業支援の現場のリアルと理論をつなげてお伝えすることかなと、私なりに考えています。中でも、中小企業の経営者の方に、キャリア形成支援にお金と時間をかけるメリットを伝えられる“口をもつ”ことが、私たちキャリアコンサルタントには大事だと常々考えているので、それを講習の中でお伝えました。

講習後、受講いただいた方からメールが届きました。

『鳥取県で、キャリコンとして独立起業できていることに驚いた。田舎の会社では、キャリア形成にお金をかける意識が低いと感じていたが、課題の解決に向けた提案が出来ていなかっただけで、こちら側のやり方の問題だと感じた。机上の話ではなく、現場の話が聞けて実務レベルで参考になった。私もキャリア形成の重要性が説明できる、“口をもつ”ことに磨きをかけていきたい』

 

とてもとてもうれしかった。

自分の中で(本当にこれでいいのか?)とやっていたことが、私がこの講座をする意味が明確になった瞬間でした。

企業分野で活動するキャリアコンサルタントが、もっともっと増えたらいいのにと考えています。

私の企業分野での活動について具体的にお伝えすることで、自分もやってみよう!と思ってもらえるきっかけにしていきたいと思っています。